心を癒す美しい季節の花(158)

H25.02.17 今回は「花」では無く、艶やかな 華「雛飾り」です。


[撮影者 JARL大橋事務局長]

東名の大井松田ICの西側の所に開成町という町があります。
その開成町の昔の庄屋さんの旧家では、毎年、雛飾りが飾られます。
特に、4枚目から6枚目のものは、「箱雛」と言うようです。
一見、皆、同じに見えますが、良く見れば一つ一つが違います。
 お婆さんが可愛い孫娘のために作るものだとのことです。

19枚目(最後から2枚目)のものは、一つの飾りはたったの5ミリ程
しか ないもので、それに赤い糸を通して天井から飾っています。

何を表わしているのでしょうか?? → こんな記事見つけました。 

長女の初節句に、無病息災、良縁を祈願して、雛壇の両脇に細工を吊すもの。
過去においては庶民の雛壇代りでもあったとの事のようです。



 

その2